FC2ブログ
 

まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の夏、と言えば…


今日はウィングス京都の夏の恒例、クールスポット映画会のお知らせです。

今年は3作品、全4回の上映です。
8月4日(火)は『マダム・イン・ニューヨーク』は13:00から1回
8月6日(木)は『ひろしま 石内都・遺されたものたち』13:00からと15:00からの2回
8月7日(金)『そして父になる』は13:00から1回の上映です。

『マダム・イン・ニューヨーク』は、京都シネマで上映中も長い列ができていた人気の作品。
ヒロイン、シャシは子どもと夫のために主婦としての毎日を過ごしています。
でも家族からは「英語ができないこと」をからかわれたり、
自分自身の存在を尊重されていないと感じています。
ある日、姪の結婚式の手伝いで一人N.Yへ行くことになったシャシ。
様々な文化をもつ人との出会いを通じて、今まで忘れていた一人の人間としての自信を
取り戻していきます。女性として、母親として、妻として、自分の気持ちに真剣に
向き合っていくシャシに、「少しの勇気」の大切さを教えてもらえる、そんな映画です。

『ひろしま 石内都・遺されたものたち』は、写真家、石内都さんが広島の遺品の数々を
撮影した、その写真展がカナダで行われた時のドキュメンタリー。
2009年に発表した写真集「ひろしま」は、原爆で亡くなった人々の衣服を、
その服をまとっていた人々がまるでそこに存在するように撮影、独特の空気感、
匂いを感じさせる作品です。
図書情報室でも、「ひろしま」を始め、石内都さんの写真集の特集をしています。
この秋には、メキシコの女性画家、フリーダ・カーロの遺品を撮影し、
そのドキュメンタリーでも話題となっていますね。

『そして父になる』は、是枝裕和監督、福山雅治主演で、かなり話題となったので、
もうすでに見た方もいらっしゃるかもしれません。
産院で息子を取り違えられた2組の夫婦とその子供たちをめぐる物語。
中でも特に印象的だったのは、劇中で流れるピアノ曲。
グレン・グールドが弾く、バッハ「ゴルトベルク変奏曲」の「アリア」などは、
映像とあまりにピッタリだったので、この曲を聞くと同時に映像がふわっと浮かぶほどです。

いずれの作品も開場は上映時間の10分前です。各回先着25名で参加費無料、
保育はありません。
暑さが厳しい毎日。ウィングス京都のクールスポットに涼みに来てくださいね。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。