FC2ブログ
 

まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のコミック

少しずつですが、コミック、増えております。
というわけで、今月の新着コミックのご紹介です。

おかざき真里『&』(1~4巻)は、『サプリ』の作者の最新作です。

『サプリ』では「会社」が舞台になっていて、20代の主人公は任せられた仕事と、そこでの人間関係を通して成長していく、まっすぐな印象の強い物語でした。

それに対して『&』では、主人公は正社員ではなく、
キーワードを挙げるなら「派遣」「起業」「ダブルワーク」「触る・触られること」「医療」・・・と、
より多様に、複雑になった感じです。
仕事でも恋愛でも、今の若い女性が感じる不安がリアルに描かれていて、先の見えなさは『サプリ』の比ではありません。
まだ完結していないので、ハラハラしながら最後まで追っていきたい作品です。

川原由美子『ななめの音楽』(Ⅰ・Ⅱ巻)は、映画のように淡々と流れていく画面のなかで、
少女たちと飛行機が美しく描かれます。
萩尾望都作品に通じる雰囲気もあり、好きな人にはおすすめです。

2月のコミック

図書室でゆっくりコミック、ご利用お待ちしています。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。