FC2ブログ
 

まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここにも起業

 前回に続き、「起業」に関連してもう一冊ご紹介します。
『雪と珊瑚と』梨木香歩/著 角川書店 101/ナ 梨木香歩さんの最新刊です。

 どこか思いつめたような、でも、表情の読み取りにくい若い女性の顔。
 あたりに浮かぶ玉ねぎや花。
 そんな物静かで幻想的な表紙と、『雪と珊瑚と』というタイトルから、「起業」を一つの重要なファクターとして進んでいく物語を想像できるでしょうか?
 良い意味で「裏切られる」。―読書の醍醐味かもしれません。

 梨木作品の不思議な世界に引き込まれてしまう入口は、民家に貼られた「赤ちゃんお預かりします」という唐突な貼り紙です。ここに、「こうあるべき」にとらわれない、“本当に誰かの役に立つ起業”のヒントがあるような気がします。

 起業に関心がある人はもちろん、子育てに悩む人、働くことや食べることについて、ゆっくりと噛みしめるように考える時間を持ちたいという人に、今おすすめの一冊です。
 それから、野菜や畑が好きな人にも、ぜひ。

kumotosangoto.jpg

 貸出中のときは、ご予約を!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。