まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年、『夢見つつ深く植えよ』


新年 明けましておめでとうございます。
いつもお読みいただき、ありがとううございます。
今年もウィングス京都 図書情報室をどうぞよろしくお願い申し上げます。

まずは防水改修工事に伴う図書情報室の閉室についてのお知らせです。

閉室期間:平成29年2月10日(金)~平成29年2月28日(火)

なお、閉室中は御返却のみお受けいたします。
御迷惑をお掛けいたしますが、御理解・御協力を賜りますようお願い申し上げます。

さて、2017年のおすすめ第1弾は、メイ・サートン特集です。
メイ・サートンは、ベルギー生まれのアメリカの詩人であり、作家。
1995年に83歳で亡くなっています。

1960年代後半に、小説『ミセス・スティーヴンスは人魚の歌を聞く』の中で、
当時タブーであった同性愛を描いたことから、
大学の職を追われ、出版予定の本も中止となりました。
失意の中、自分自身を見つめ直そうと未知の田舎に引越し、
自然と動物とともに生き始めます。

彼女の詩、小説も素晴らしいのですが、
なんと言ってもエッセイ、日記のもつ魅力は格別です。
『夢見つつ深く植えよ』なんて、タイトルだけでも味わい深い!

そして、彼女のエッセイに通底しているのは、「孤独」への鋭い感性。
でも寂寥や辛苦、孤立といったものとは異なります。
「ひとり」という静寂のもつ豊かさを楽しむ、「自分らしさ」を
保つことに心を砕く、そして「老い」に向き合う。
新鮮な空気を深く吸い込みたくなるような気分にさせてくれます。

代表作『独り居の日記』は、多くの女性作家が刺激を受けた1冊と紹介しています。
この機会にぜひ手にとってみてくださいね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。