FC2ブログ
 

まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV 今こそ、男性の声を!


DV(ドメスティック・バイオレンス)という言葉。
毎日、耳にしない日がないほど、
ニュースやテレビで頻繁に伝えられていますよね。

その一方で、被害に合った女性たちに向かって
「どうして逃げられなかったの?」
「助けを呼んだらよかったのに…」
こんな言葉が投げかけられるたび
DVについて正しい知識、情報がもっと広がって欲しいと思います。

ウィングス京都では、毎年11月にDVの理解や根絶に向けて
パープルリボンをシンボルに“女性に対する暴力をなくしたい”と
さまざまな取り組みを行っていて、
図書情報室でも、DV理解に役立つ資料の紹介をしています。例えば、

●DVってどんなことを指すの? 
●親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前DV」ってどんなこと?
●DVをめぐる法律は今、どうなっているの?

●こころのDV=モラル・ハラスメントについて
●中学生、高校生に知ってもらいたい「デートDV」
●DV被害者への理解と支援にはどんなことが必要?

●DVとストーカーの関係
●DV加害者への試み
など、ブックリストもお配りしているのでぜひ利用してください。

今年は、新たに「リベンジポルノ」や「男性の非暴力宣言」の資料も
置いています。特に、この「男性の非暴力宣言」は要注目です!
「男性は暴力をふるう」、こんな風に一括りにされて言われるなんて
心外だ!という方もきっと多いはず。
その気持ちをぜひ、声に出して、同じ気持ちの方と共有してください。
ホワイトリボンが、その目印です!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。