FC2ブログ
 

まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“伊藤さん”と料理


現在公開中の映画『お父さんと伊藤さん』、もうご覧になりましたか?
20歳年上の恋人、伊藤さんと暮らす34歳の彩(あや)のところに、
74歳の父親が転がり込んできて、奇妙な同居生活が始まる、というお話。
原作で読んだのですが、不思議な設定ではあるけれど、
“家族”ゆえの独特の距離感がうまく出ているなあと感じました。

その3人の生活の中でも、特にいいなと思ったのが
伊藤さんが、こだわりも力みもなくフツーに家事をしているところ。
この年代の人ではちょっと珍しいかもと、新鮮にうつりました。

そこで、そんな“いい感じ”の伊藤さんに近づくべく(?)
ウィングス京都で開催予定の
「男性がはじめてつくる おいしいごはんづくり講座」に合わせて、
図書情報室では、11月から「男と料理」特集をします!

初めて料理を作るときは、誰でも構えてしまうもの。
料理特有の用語がいろいろ出てきた日には何から手を付けたらよいのか迷ってしまい
一気にやる気もそがれてしまいます。

でも、出来上がった料理の写真を見た時、おいしそうだなと思った時が取り組みどきかも。
丁寧な手順が載っているテキストを手掛かりにチェレンジしてみましょう!

少し作り慣れてくると、今日は何を食べたいか、自分の身体や体調に合わせてみたり
あり合わせで作れるようになると無駄なく買い物ができたりと良いこと尽くめ。
自分で食べてもおいしいし、人に振る舞ってみるとまた違う喜びもあると思います。

そうそう、お弁当づくりもなかなか面白いと思います。
お弁当箱という「カタチ」から入っても楽しいですし、彩りを考えて詰めていき、
きっちりはまったときの気持ち良さもあったりします。

もちろんご紹介している料理本は、老若男女問わず、ご利用いただけます。
ぜひ活用してみてください。お待ちしています!
小説『伊藤さんとお父さん』(中澤日菜子著)も貸出できますよ!


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。