まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「当たり前」を違う視点で見てみると…

みなさん、“女性史”という言葉、聞いたことがありますか?
先日、お亡くなりになった中世女性史研究の先駆者
脇田晴子さんはこう言っています。

「女性史の研究は、現代の女性の低い地位に鑑みて、
原始時代における男女平等社会や、歴史上の女性の地位の高さや力を、
顕彰(明らかにする)しようとする立場から
始まったといっても過言ではない」

例えば、「母性」というのは、”本来、女性に備わっている付加価値、
付加責任”と考えられている言葉。
しかし脇田さんは、「母性はかくあるべし」という建前が
時の支配権力によってどのように作られ
時代によってどのように変遷したのかを
文献史学、民俗学、文化人類学、考古学などの幅広い視角から
分析してこられました。

通説として流布している「当たり前」が「当たり前」ではない、
女性という視点からみた歴史研究の中で、それを示してきた脇田晴子さん。
「母性」だけではなく、「家族」の在り方、「家を守る」という概念も
時代によってさまざまに変わっていくことを教えてくれます。

そして脇田さんのその幅広い研究に通底しているのは、
何より、「過去を知ることで、未来への展望を持つため」という視点。
図書カウンター近くで特集をしています。ぜひご一読を!

没後60年の画家 マリー・ローランサンの特集も開催中です!


スポンサーサイト

DV 今こそ、男性の声を!


DV(ドメスティック・バイオレンス)という言葉。
毎日、耳にしない日がないほど、
ニュースやテレビで頻繁に伝えられていますよね。

その一方で、被害に合った女性たちに向かって
「どうして逃げられなかったの?」
「助けを呼んだらよかったのに…」
こんな言葉が投げかけられるたび
DVについて正しい知識、情報がもっと広がって欲しいと思います。

ウィングス京都では、毎年11月にDVの理解や根絶に向けて
パープルリボンをシンボルに“女性に対する暴力をなくしたい”と
さまざまな取り組みを行っていて、
図書情報室でも、DV理解に役立つ資料の紹介をしています。例えば、

●DVってどんなことを指すの? 
●親が子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前DV」ってどんなこと?
●DVをめぐる法律は今、どうなっているの?

●こころのDV=モラル・ハラスメントについて
●中学生、高校生に知ってもらいたい「デートDV」
●DV被害者への理解と支援にはどんなことが必要?

●DVとストーカーの関係
●DV加害者への試み
など、ブックリストもお配りしているのでぜひ利用してください。

今年は、新たに「リベンジポルノ」や「男性の非暴力宣言」の資料も
置いています。特に、この「男性の非暴力宣言」は要注目です!
「男性は暴力をふるう」、こんな風に一括りにされて言われるなんて
心外だ!という方もきっと多いはず。
その気持ちをぜひ、声に出して、同じ気持ちの方と共有してください。
ホワイトリボンが、その目印です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。