まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらも“こうれい”の話題です。


平成28年版の高齢(こうれい)社会白書によると、
高齢者のいる世帯は全世帯の約半分、
「単独世帯」・「夫婦のみ世帯」が全体の過半数、
一人暮らし高齢者が増加傾向だそうです。
みなさんには「そう言われてみれば」という実感がありますか?

ともあれ、誰でもいつかは年をとり、一人で暮らしていく可能性は
十分にあります。そのとき、どうしたら充実した、自分らしい人生を
送っていられるのでしょうか。

今回はそんな疑問にヒントをくれる資料を
「おひとりさまと老い」と題し、特集しています。
「老い」を感じる方も、「まだまだ」という方にもお薦めしています。

そしてもうひとつ、お知らせです。
春、秋と毎年恒例(こうれい)となりました、京都アートフリーマーケット!
図書情報室では、フリマの期間中、保存期間切れの雑誌を
市民の皆様にお譲りしています。

開催期間は2015年月9月17日(土)・18日(日)・19日(祝)の3日間、
いずれも11:00~16:30までです。
お持ち帰りいただけるのは、期間中通して、お一人5冊まで。
雑誌が決まりましたら、図書カウンターへお持ちくださいね。

お譲りする雑誌の一部をご紹介します!
『anan』 ・ 『クロワッサン』 ・  『栄養と料理』 ・ 『芸術新潮』 ・『Leaf』
『暮らしの手帖』 ・『BRUTUS』 ・ 『月刊京都』 ・ 『週刊東洋経済』
『CREA』 ・ 『FIGARO japon』 ・ 『COURRiER JAPON』
『婦人公論』 ・『たまごクラブ』 ・ 『ELLEジャポン』 ・ 『ダ・ヴィンチ』 
『和楽』  ・ 『文藝春秋』 ・ 『キネマ旬報』 ・ 『サライ』 ・ 『うかたま』 
『いきいき』 ・『日経PC21』 ・ 『日経WOMAN』 ・ 『クーヨン』 
など、いろいろありますよ。

ぜひ立ち寄ってみてください。お待ちしています。

スポンサーサイト

戦争を知る 3人の女性、その生き方から 

自分自身が体験していないからこそ、良く知りたい、
知らなければいけないと思うのが、
戦争を生きた人々の生き方ではないでしょうか。

今回は、第二次世界大戦を生きた3人の女性、
映画監督で写真家のレニ・リーフェンシュタール
女優でありながらナチスと勇敢に戦ったマレーネ・ディートリヒ
そして15歳でナチス強制収容所で亡くなったアンネ・フランク
に注目し特集しています。

まず、レニ・リーフェンシュタールは
ベルリンオリンピックの記録映画『オリンピア』の監督として有名です。
またナチス党大会の記録映画『意志の勝利』は、
ナチスによる独裁を正当化し、国威を発揚させるプロパガンダだとして、
「ナチスの協力者」として批判され、戦後も断罪され続けました。
彼女はあの時代に、いったいどんなことを考えていたのでしょうか。

そしてマレーネ・ディートリヒ。
彼女はヒットラーやナチズムに反抗し、女優でありながら、
戦場の兵士を慰問するためヨーロッパの最前線に向かったそうです。
しかし、その後、アメリカの市民権を獲得し、祖国ドイツを去りました。

あるドイツ人は「いまの若いドイツ人がどれほどディートリヒを
知っているかわからないが、ディートリヒの名前を知っている人は、
ディートリヒときいただけで、ドイツの1世紀を思い出し、
現在ドイツ人として生きている自分のことを考え、
ディートリヒに、何か一言いいたくなるんじゃないですか」と
思慮深く答えたといいます。
(「わがマレーネ・ディートリヒ伝」鈴木明著より)

限りなく細い眉と、意志の強いまなざし、
「リリー・マルレーン」の歌声とその脚線美が特徴の美しい女優…。
戦争の真っただ中で何を考え、どのような生き方を選んだのか。
とても興味深いです。

そしてアンネ・フランクは良く知られていますね。
ナチスの迫害から逃れ、隠れ家に居た頃の日記が戦後、発表されました。
戦争と差別のない世界を願っていた一人の少女。
今回は、その思いが詰まった日記だけではなく、
アンネにまつわる関連本もご紹介しています。

連日の恐ろしい猛暑で「避難先」をお探しのみなさん、
涼し~い図書室でお待ちしています!
「うちの娘は理系女子!」の特集もやっていまーす。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。