まちなかの本の森 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女性の貧困」・・・ピンときますか?

仙台市のせんだい男女共同参画財団から
「女性の生活状況及び社会的困難をめぐる事例調査」(2013年3月発行)
が届きました。

この調査では、多様な生活状況にある女性たちについて
「非正規雇用で働く20~30代の未婚女性」
「単身世帯で暮らす高齢女性」
「ひとり親として子育てをしている女性」
「配偶者やパートナーから暴力を受けた経験のある女性」
と、現代女性に特徴的に見られる生活状況によって事例を分類し、それぞれにどんな困難が生じやすいかよくわかる構成になっています。

また、当事者の現状を、仕事や収入から家族との関係、内面の葛藤にいたるまで丹念に聞き取り、拾い上げてあるので、親しい友だちであってもなかなか聞けないような、一人ひとりの女性のリアルな姿が見えてくる、貴重な証言集としても読むことができます。

このように優れた調査報告なのですが、本当は、そうした一人ひとりの生きる姿が、「困難」ということばによってしかくくれない現状は、とても悲しいことだと感じます。

・・・と、悲観してばかりではいけないので、今回はそうした現状を知るのに役立ちそうな資料と、働くことに希望を見出したい女性のための新しい講座をご紹介して終わりにします。

★「女性の貧困」を特集した図書・雑誌★
図書『女たちの21世紀 no.73 2013.3 特集「生活保護 女性の貧困とセーフティネット」』 アジア女性資料センター 00/ア/73
雑誌『月刊 女性&運動 2013年2月号 特集「女性の貧困」』(新日本婦人の会)

★「不安もあるけど前向きに働きたい」「仕事・お金・やりたいこと、のバランス取るのが大変!誰かと話し合いたい」―そんな女性のための講座★
Work * Love Balance カフェ 
6・7・8月 計3回開催。 詳しくはウィングス京都ホームページ、または配布中の「講座案内4・5月号」で。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。